fc2ブログ

六本木からの岡山

2024.01.15.02:57

1月13日の六本木クラップスでの「和楽器初夢LIVE2024」
演奏は真剣に、ライブ中のトークは楽しく~。

2024-01-15 02-00-17

2024-01-15 01-39-02

2024-01-15 02-04-25

演奏後には打ち上げをしましたが
みんなで乾杯の瞬間の写真はとっても楽しそうです。
さすが「DON!荒川~ズ」として長年杯を重ねてきただけのことはある笑
2024-01-15 02-31-48

翌日1月14日は7時台の新幹線で岡山へ向かいました。
さっきまで六本木で一緒に演奏していて
一緒に打ち上げもしたばかりの武田朋子さん。
今日は静岡でお仕事とのこと、
しかも同じ時間帯の新幹線ということが判明して
東京駅新幹線改札内のスタバでコーヒー乾杯をしてから
それぞれ岡山、静岡へ向かいました。
2024-01-15 02-35-34

朋ちゃんとは一昨年、札幌から同じ飛行機で帰ってきた翌日に
東京駅新幹線乗り場でばったり会うミラクルがあり、
その時はそれぞれ大阪と神戸に向かったのでした。
今日もそんなミラクルな感覚でコーヒー乾杯。


岡山へ向かう新幹線では富士山がとても美しく見えました。

4CC0E618-A15D-496F-92A9-5DA5EF3153F3 (1)

日帰り岡山公演だったので、岡山らしさを満喫することはできませんでしたが
岡山駅前の桃太郎さんは青空がとても似合っていて印象に残りました。

2B6C709A-F2FE-44F6-9400-D2FD1D365100.jpg

スポンサーサイト



新年交歓会でした

2024.01.09.15:51

1月8日は明治記念館にて日本三曲協会新年交歓会でした。
会長のご挨拶や褒章他ほか各賞受賞の先生方のご挨拶、
また能登半島地震への募金活動等がございました。

2024-01-09 15-37-43

昨年お世話になったみなさまと新年のご挨拶を交わし、
新しい年を寿ぎました。
お着物姿の方も多くとても華やかな新年の始まりです。


2024-01-09 15-38-26

今年の9月15日にはイイノホールにて
「第160回生田流箏曲松の実會100周年演奏会」もございますので
こちらも是非いらしてくださいませ。

2024-01-09 15-38-41

2023年ありがとうございました

2023.12.31.11:28

2023年、この一年も大変お世話になりました。
国内外いろいろな場所で演奏させていただく機会が多く
たくさんのアーティストの方々、スタッフの方々と
音を紡ぐことが出来てとっても幸せでした。
また文化庁や財団さまの事業で、小中学生・高校生への
アウトリーチプログラムや箏体験などの「ことどけ®」活動も
増えております。


ことどけロゴ
CD「こといろ・壱」も完成し、

「もっと近くに和を、お箏を」の「ことどけ®コンセプト」が
緩やかに広がっているように感じています。

ご一緒させていただきましたみなさま、
いつもあたたかく見守って応援してくださるみなさま、
本当にどうもありがとうございました。

2023-12-30 16-16-14


写真は昨日撮影した静岡県の富士山です。
2024年も精進を重ねて参りたいと思います。

2023-12-30 16-02-14
みなさまにとりましても輝かしい一年でありますよう

心よりお祈り申し上げます。

ブラスバンド部で集まりました

2023.12.23.23:17

すっきりと晴れた東京駅。
2023-12-23 22-56-34

山脇学園中学・高校の吹奏楽部(ブラスバンド部)の友人と3年ぶりの会合でした。
私はちなみに6年間ホルン担当でした♪

2023-12-23 22-43-52 (1)

3年ぶりに会ったとは思えないテンション、
モダンメキシカン料理でおいしく楽しくあっという間。
メキシカン料理の炎のように今回も熱く激しく楽しく!

2023-12-23 22-43-31 (1)

また来年も元気で会いましょう~と再会を約束しつつ終了。
とても楽しい時間でした。


着物を切らずに着物ドレスに

2023.11.07.22:56

演奏時の衣装ではSAYAKA JEWELRY®さんの
「着物ドレス」をデザインしていただき、着用させていただいております。

いままでにもたくさんの作品を作っていただきましたが
SAYAKA JEWELRY®さんの着物ドレスの特徴は
なんと言っても着物を”切らずに”デザインし、また着物としても着用できる
というところがポイントです。

2023-11-07 20-13-57

Instagramで紹介されていた写真は、
着物として着付をしていただいた写真と、
着物ドレスとして仕立てたあとの写真。

2023-11-07 22-34-25

私の場合ですと、箏を演奏しやすいように
邪魔にならないように、というところを考えて作ってくださっています。


2023-11-07 22-34-42

同じ着物で、ドレスに。
そしてまた、着物に。

身に纏う
すべてを自由に

身に纏う
すべてに自由を

SAYAKA JEWELRY®
モデル:喜羽美帆・武田朋子


「キュビズム展ー美の革命」へ

2023.10.13.16:56

先日は上野・国立西洋美術館
「パリポンピドゥーセンター キュビズム展ー美の革命」へ。

IMG_3270.jpg


50年ぶりの大キュビズム展、とのことですが会期早めだったこともあり
ゆっくりと観ることができました。
楽器や音楽をモチーフにした作品が多かったことも興味深さのポイント。

IMG_3268.jpg

ピカソとブラックという芸術家2人によって生み出されたキュビズム。
鑑賞ブースは14章に分かれていて初来日50点以上、
約140点以上の作品が並ぶ大規模な展示でした。


IMG_2920.jpg

はじめの展示室2,3の辺りに外国人小学生3~5年生くらいの兄弟がいました。
キュビズムの作品が大好きのようで
「これがブラックの作品か!!!あっちにはピカソがあるけど僕はこれがいい!」などと
小声の英語で興奮気味に鑑賞していました。
自分の記憶がよみがえってきたのですが、
私自身は彼らと同じくらいの小学生の頃に、初めてピカソの絵を図録か何かでみて、
見たことのないものを見たような気持ち、
驚きと「異形のもの」に対する畏れのような感覚を覚えたことを思い出しました。
この絵は少し怖い、と親に言ってみたら
「ピカソにはこういう風に見えているのかもしれないね」と。
それから少し経って
「ピカソにはこう見えているかもしれないし、こういう風に見せたかったのかもしれない」と
腑に落ちて、絵が怖くなくなったことなど。
ありきたりな感想ですが、芸術は自由だ、表現は自由だ、
そんなことを小学生なりに感じていたのかもしれません。

IMG_3269.jpg

小学生の兄弟さんは2人でキュビズムの作品について語り合いながら鑑賞していて
とても素敵なことだなぁと感心しながら、
自分の小学生時代の感覚を懐かしみながらじっくり鑑賞してきました。

IMG_2913.jpg


築地にて打ち合わせ

2023.10.05.12:56

Don!荒川~ズの打ち合わせを築地にて。
築地は朝が早い場所でもあるので見習って、アサカツ的に?朝から打ち合わせ。
来週あたり新たな動きについてお知らせできそうです!
6FB75A80-7672-42E6-8504-40A31E9D79DC.jpg

何度かお邪魔しています築地の喫茶店レンガのナポリタンは世界一の呼び声も高く
本当においしいです!
プロレスファンの集う有名店のマスターともまたお会いできて
おいしい嬉しい時間でした。

IMG_3008 (3)

近くのホールで山中信人さん演奏会

2023.10.02.18:23

10月1日には近所の武蔵浦和コミュニティーセンターへ。

こちらの多目的ホールサウスピアにて

いつもお世話になっていてご一緒させていただいております

津軽三味線奏者、山中信人さんの演奏会がありました。





こんな近くに信人さんがいらっしゃる!ということで

喜び勇んで参りましたが、チケットは発売日にはすぐに売り切れ!

「津軽三味線 心に残る演奏会」というタイトルのとおり

とても心に沁み入る素晴らしい演奏会で、

満席のお客様が信人さんの演奏に酔いしれていました♪



山脇学園ホームカミングデーへ

2023.09.18.21:02

私が中高6年間を過ごした赤坂にある山脇学園中学校・高等学校が
創立120周年を迎え、ホームカミングデーが開催されました。

卒業以来の学校内、中学と高校の校舎は平成27年に建て替えられていましたが
どこを見ても懐かしく、青春時代の思い出が一気に戻ってきました。

IMG_2469.jpg

記念式典にも出席し、卒業以来のお友達にもたくさん会うことができて
とても嬉しかったです!
高校3年生の体育祭に踊る「ペルシャの市場」は今でも山脇生が踊っているそうで
「校歌を歌おう、ペルシャを踊ろう」ではみんなで踊ったり口ずさんだり。
現代の受験事情、今後求められる人材ニーズに合わせたカリキュラムや
制服の変化などもある中で、建学の精神は脈々と流れていることを感じながら
嬉しい一日でした。


「物語る絵画」根津美術館

2023.08.21.08:15

根津美術館「物語る絵画ー涅槃図・源氏絵・舞の本・・・」へ。
行きたかった企画展、会期期間ギリギリでしたが間に合いました。

386AD928-6E42-4396-B00A-2D724BB76C7A.jpg

涅槃図はお釈迦様の人生の複数の場面が1つの絵に収まっていて
その表現方法に驚いたり
源氏物語・平家物語を題材にした屏風や絵には、
物語の内容を思い出して密かに興奮。
「浮舟図屏風」は少し遠くから引いて見てみると解説の通り不安定な構図で、
銀色の月と船の対比がまた浮舟らしさを現わしているようで・・・
グサリと突き刺さった絵です。
物語の内容を含めて絵画に想いを馳せる、
そしてまた絵を鑑賞しながら物語を反芻する、という
脳味噌もフル稼働の楽しい鑑賞でした。
作品の写真撮影はNGだったのと、今回の展示に特化した図録はなかったので
記憶に刻み込んできました。

7C9AFB4C-DA8F-44DC-B279-407AA79CE0CF.jpg

展示室5の「物語で楽しむ能面」は、能面だけでなく装束の展示もあり
近くで興味深く見ました。
「盛夏の茶事」展示の中で「源順集」一句の掛け軸もとても夏らしく、
なおかつしっとりとした奥ゆかしさがあって涼やかでした。
根津美術館のお庭も、暑いせいか毎年の燕子花の頃より人も少なめで
草木が盛んに繁る様子にも風情がありました。

IMG_1236.jpg

今回も絽の着物で出かけましたが、
この夏は6回くらい?夏着物を着る機会があって良かったです。
美術館にも多くの外国人観光客のかたがいらしていましたが、
コロナの時には夏の着物の出番がなかったので、
いろいろなことが戻ってきている夏、ということも実感しました。

夏の陣2023

2023.08.06.19:41

先日は山脇学園中学校高校時代の親友との会合(夏の陣、と呼んでいる)が
急遽決まり、3人で楽しい時間を過ごしてきました。


920EBFD8-B0EF-452D-B3D7-E1A7D5317771.jpg
昨年の私のリサイタル時には、福岡から駆けつけてくれたのですが
コロナ禍だったので、お客様との面会ができないまま、
会って話をすることもままならない状況でした。
3人でじっくり会うのはコロナ禍だったこともあり、
前回の「夏の陣」は2019年でしたので
話し続けていたらあっという間に夜になりました。

D34A1FAD-1CD8-4E5A-B0DB-1F69D1717169.jpg


今年は山脇学園が創立120年ということで、9月にホームカミングデーが
予定されているとのことです。
その時に同級生の皆さんにも会えるかも!とても楽しみにしています♪

「テート美術館展ー光-」へ

2023.08.01.18:54

八月朔日。
8月もはじまりましたが、本当に暑い日々で
まだ8月?と、長く暑い夏の予感がします。

国立新美術館の「テート美術館展ー光-」はフライヤーを見た時から
行きたいと思っていましたので、待ち望んで早速行って参りました。

IMG_0352.jpg


光でたどる美術史、18世紀末から現代までの200年間に及ぶ作品120点。
テーマは光ということで、白基調の着物にしてみました。

IMG_0354.jpg

絵画、彫刻、写真、素描などたくさんの作品があるのですが
草間彌生氏「去って行く冬」は、作品全体が鏡になっていて
覗き込んだ先に万華鏡のようなドットの世界が広がっていたり。


IMG_0353.jpg

光の宗教的な概念描いた絵画(善と悪とか)や
光そのものの概念を問うている作品とか。
インスタレーション作品もたくさん。

IMG_0355.jpg


大きな作品も多く、オラファー・エリンソン氏の「星屑の素粒子」が
テート美術館展の最後を飾っていました。


BEB1CF69-6A70-4DF8-A0A9-C66E8A18003C.jpg

英国・テート美術館にも行ってみたい~!
期待以上の美術館展の内容に、図録や関連グッズもたくさん購入しました。

甲斐荘楠音とときめき

2023.07.27.14:25

先日は東京ステーションギャラリーで開催中の
「甲斐荘楠音の全貌ー絵画、演劇、映画を越境する個性ー」に行って参りました。

1BA7F5B1-6105-4424-9A8E-1B3DF169FEF1.jpg


以前「あやしい絵展」でも印象深かった甲斐荘楠音氏の作品。
絵画1点1点もメッセージや印象が強めなのでボリューム感がありましたが
絵画のみならず、映画衣装・風俗考証家としての膨大な資料や
映画撮影で使われた衣装展示もたくさん。
よく人の本棚はその人の頭の中が見えるようだ、と言いますが
楠音が集めたスクラップブックは、写真として展示してあることで、
まさに頭の中を覗き込むような感覚でした。
舞台・映画衣装のデザインにも、日本画や着物に使われる意匠が感じられ
大変興味深かったです。

083F504A-7B7E-46B3-8BFE-11B866A9AD98.jpg



また未完の作品「畜生塚」を前にして、いろいろな感情が渦巻き、
なかなか絵の前から離れられませんでした。
そんな充実の甲斐荘楠音回顧展で大満足です。
夏のあいだに必ず観たい、という美術展だらけ。
作品とも一期一会、となるでしょう。なるべく足を運びたいです。

IMG_0015.jpg

東京ステーションギャラリー内では、東京駅創建当時のレンガを間近で見られます。
黒い木煉瓦は、東京大空襲で東京駅が燃えたときに木炭化したものだそうです。
月の満ち欠けブラケットや十二支レリーフなども近くで見ることができます。




また、先日は中高時代の友人と新宿タカシマヤの「ときめきトゥナイト展」へ。

IMG_0013.jpg


原画がたくさん。蘭世ちゃんかわいい~とか、真壁くんの壁ドンでキャッキャしたりとか。
周りの(同世代と思われる)みなさんもとても華やいでいて、
みんな当時の「250万乙女」に戻っていました。

D231496B-8453-4413-88DF-B3AEBCCA7CFA.jpg


「想いケ池告白体験」という体験型アトラクションでは、
私は謎の引き当て力で神谷玉三郎でした!(予想はサンドだったのですが)

IMG_0011.jpg

今年も藤川流舞踊会へ

2023.07.16.20:57

7月三連休の1日目、7月15日には浅草公会堂で行われた
「藤川流舞踊会」へ伺いました。

浅草は外国人観光客も多く、ものすごい人の波。
三連休は3日とも着物移動なのでとても暑く、
浅草公会堂までの道のりが遠く感じられましたが
この舞台を拝見できたことが本当に幸せだ、と思える感動の舞台でした。

IMG_9696.jpg


藤川流御家元の藤川澄十郎さんの「長唄 鷺娘」は本当に圧巻としか表現しようがなく、
日々研鑽と精進を重ねていらっしゃることが伝わり、
舞姿や表情からも、なんと芸術は素晴らしいのか、と感じて涙がとまりませんでした。
周りの方も感涙している方が多く、私自身も今これを書いている時も
澄十郎さんの「鷺娘」から受けた感動が蘇り、涙が出てくるほどです。

C9F45305-A206-47CF-A9AA-459DE5BFC99B.jpg


ご縁があり、何度か澄十郎さんとご一緒させていただく舞台がありましたが、
直近では「和楽器と日本舞踊によるボレロ」を創りました。
現在YouTubeで14万回を超える再生となっています。

澄十郎さんのお姿からはたくさんのことを学ばせていただいておりますが、
自身を振り返ると、なんと芸に対して甘いことかと恥ずかしくなるほど。
気を引き締めて進んで行きたいと気持ちを新たにしました。
原郷さんとも一緒に舞台を拝見して、短い時間ながらもお話ができて楽しかったです!




中高友人との中目黒会合

2023.07.13.09:02

先日は中目黒へ。
山脇学園中学高校時代、吹奏楽部の友人じんくんと急に決まった会合で
2人で会って話をするのは実に9年ぶり。
ピッツェリアダ・イーサでピザ釜から出来たてのおいしいピザをいただきつつ、
高校時代、部活の時と同じテンションであっという間の時間でした。

IMG_9568.jpg


話が尽きず、中目黒から歩いてスターバックスリザーブロースタリー東京へ。
テラス席でピーチカクテル的なものを頼んで、
わざわざ写真を撮っちゃうあたり、おのぼりさんな感じで楽しい♪

B4CA0EC2-BD67-4F99-AB43-64AB15509EA3.jpg

IMG_9571.jpg

おしゃれテラスにいるというのに、この日東京都内は36度越えで熱風吹きすさぶ中、
中高から変わらぬくだらない話から、
真面目にお仕事の話まで。とても濃くて楽しく貴重な時間でした!

「吹きガラス 妙なるかたち、技の妙」へ

2023.06.26.23:53

サントリー美術館の企画展
「吹きガラス 妙なるかたち、技の妙」に会期ギリギリで行って参りました。

IMG_8655.jpg

自分のスケジュールもちょっとバタバタとしていて行けるか分からなかったり
外も蒸し暑くはっきりしないお天気の日で、すっきりしない気持ちだったのですが
この企画展を見てガラスの作品の涼やかなこと。
また精緻でうつくしいこと。
心打たれて気分もとても晴れやか、爽やかな心持ちになりました。

IMG_8649.jpg

サントリー美術館に行くのは、私の場合は日本画展示の時が多いのですが
現代アートとしての吹きガラス作品の数々は
生き物のような躍動感、迫り来るものがあり、
なおかつ美しくてとても刺激的。

IMG_8652.jpg


会期終了直前でしたが、滑り込みで行ってきて良かった。
とても清々しい気持ちになりました。
7月にも観たい美術展がた~くさんあるので、計画して行きたいと思います。

ルーブル美術館展 愛を描く

2023.05.24.19:30

先日新国立美術館「ルーブル美術館展 愛を描く」に行ってきました。
AMEXの「知新の扉」という企画のため、
入場人数や入場時間も限られていてゆっくりと鑑賞できました。

IMG_8106 (1)

「愛」とひとことで言ってもギリシャローマ神話の神々の愛、
庶民の愛の形、神の愛や家族愛など切り口が面白く、
展示ボリュームもなかなかで手応えのある展示でした。

IMG_8108.jpg

いつかルーブル美術館に行ってみたい気持ちになりましたが、
今回のように「愛を描く」テーマで鑑賞出来たことも心に残りました。
展示Ⅳのお部屋だけ写真撮影OK。


IMG_8088.jpg

IMG_8092.jpg


IMG_8091.jpg

図録を手元に、生まれた感動を思い出しながらまた眺めてみたいです。

今年も根津美術館、燕子花図屏風へ

2023.05.15.12:17

今年も根津美術館に尾形光琳「燕子花図屏風」観に行ってきました。
「国宝・燕子花図屏風ー光琳の生きた時代1658-1716-」
チケット予約したのは会期最終日、で多くの方で賑わっていました。

4C8B3666-BAED-431C-A0EA-86CE84BCFC41.jpg

光琳の生きた同世代の作品というテーマで、
源氏物語を題材にした雅やかな作品や、大津絵のおおらかな作品展示もありました。
「燕子花図屏風」という1つの作品を毎年違ったテーマに沿って
様々な方向と視点から鑑賞できることも、毎年のこの時期に通う楽しみになっています。
この作品と対峙したときの自分の受け取り方や、感じ方の違いもあって、
作品を眺めながらこれまでの1年を振り返ってみたりする気持ちもあります。

31770515-98AE-4A66-A923-F75E652E2241.jpg

庭園の燕子花はほとんど咲き終わっていましたが、
新緑の葉の色や柔らかそうな新芽、躑躅も咲いていてとてもきれいでした。


IMG_7928.jpg


この日は母の日でもあったので、美術館に行く前に母のお墓にも寄ってきました。
毎年「燕子花図屏風」を観るようになって何年目でしょうか、
恒例になったきっかけになったのは母が勧めてくれたから。
これから観に行ってきますね、と、いつも見守ってくれてありがとう、を報告しました。

60E230FA-6E0A-4FA7-A177-8D25CED2854E.jpg

田中紗樹さん個展「primitive AURA」

2023.05.13.22:45

田中紗樹さんの個展「primitive AURA」に伺いました。

4AF54A75-4424-40BC-8FE5-EA2180384540 (1)

紗樹さんにお会いして作品を見せていただくと、
たくさんの想いやパワーをもらえます。


DFA97DE2-32C3-4770-8C39-3CC4C5901EC7.jpg


528B4055-DFDD-4D8E-A96A-1E135764C3EC.jpg

今回もお話をさせていただいてとても嬉しかったです。
ちょっと構想(妄想)しているお仕事のこともご相談させていただきました(^_^)

写真 (2023-05-13 22_35_10)


5月10~13日までは壁画を公開制作中。

C0E7CC92-6A0F-4111-B4AD-28D1415DD325.jpg

会期は5月10日から6月10日までの1ヶ月間、
表参道の小原流会館B1F hpgrp GALLERY TOKYOです。





福井県年縞博物館へ

2023.05.07.20:43

私ごとではございますが5月5日の誕生日には
皆様からのあたたかいメッセージをたくさんいただきまして
ありがとうございました!
とても幸せな気持ちで誕生日を過ごすことができました。

日頃は土日祝日はじめお盆休みや年末年始など、
曜日や祝日に関係なくお仕事していることが多いのですが
今回のGWは、コロナ始まってから3年間の不安定な時期を駆け抜けてきて
そういえばしばらく長いお休みを取っていなかった、ということもあり
ちょっとお休みをいただいていました。

IMG_7528.jpg

北陸地方滞在中は福井県の三方五湖に行ってきたのですが、
レインボーラインを登り雲ひとつない晴天の下、
山頂公園から湖を眼下に眺め、
心地よい爽やかな五月の風を感じてきました。
また、若狭町観光船レイククルーズでは三方五湖5つある湖のうち
水月湖と管湖を遊覧して40分のクルーズ。

IMG_7575.jpg


そして「福井県年縞博物館」へ。
年縞(ねんこう)とは、プランクトンや鉄分など、
季節によって異なるものが湖の底に毎年積もることで
縞模様になった泥の地層のことです。
山頂公園から眺め、またレイククルーズで湖の上を堪能した三方五湖の1つ、
水月湖の年縞は世界一の長さ45メートル。
七万年間途切れることなく積もり続けています。

その七万年45メートルの水月湖の年縞をステンドグラスとして見られるのが
こちらの「福井県年縞博物館」です。
年縞1年分が厚さ0.7㎜で、年縞に含まれる花粉の種類や量、
火山灰から当時の気候や火山活動がわかります。
見た目はただの長い堆積物なのですが、
そこに人類の歴史とか七万年という長い長い時間、
普段生きていることや自分の存在がなんとちっぽけなことか、というような
色々な想いを持ちながら、またある種のロマンを感じながら見ていました。

IMG_7715.jpg

たまたま誕生日ということもあり、年を重ねていくことや
人とのご縁の大切さ、ということを考えていたことで
忘れられない記憶になりました。

FacebookやInstagramではお伝えしましたが、
帰り道の石川県小松市道の駅では車のタイヤがパンクするというハプニング。
パンクで動けず、ロードサービスで修理先にレッカーしていただいた途端、
石川県能登地方の緊急地震速報を受信という体験をしました。
能登地方の皆様には、これ以上被害が広がらないようお祈りしております。
すぐに高速道路に乗る、という直前のパンクだったので
高速道路上でのパンクは免れました。

IMG_7644.jpg


普段から楽器搬入に車を使うので、
タイヤ交換や車周りの整備には気を遣っていたつもりですが、
大難が小難になる、というような何かに護られているような気持ちになりました。

今回北陸地方に行く前には長野県上田市別所温泉に立ち寄ったのですが
北向観音・曹洞宗安楽寺、真言宗前山寺に参拝させていただきました。
三重塔に藤や躑躅が美しく見える時期ということでお伺いしたのですが
とても心穏やかになるお寺さんで、いつまでも居たいと思うような場所でした。
そこで撮影した写真が加工などしていないのにたくさんの光が入ってきていて
何か受け入れていただいているような気持ちになりました。


IMG_7464.jpg

IMG_7463.jpg

IMG_7474.jpg


皆様とのご縁のおかげで演奏をさせていただいたり
楽しくご一緒させていただけること、本当に感謝しております。
誕生日にもみなさまとのご縁を感じて幸せな気持ちでいっぱいでした。
ゆっくりとお休みをいただき美しいものを見て感じ、
おいしいものもいただきパワーチャージ!(Instagramにおいしいものの写真を載せております)
この一年も精進して参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。





プロフィール

ことみほ

Author:ことみほ
ご訪問ありがとうございます。
お箏(お琴)&二十五絃箏を弾いています。三味線も弾きます。
1人でも多くの方に、おことの音色を 体験していただきたいと思いライブ等の演奏活動や、 各種イベントの演奏だけではなく、ワークショップ・伝統文化体験教室をはじめとして芝居劇中音楽や 録音・作曲なども含め様々な活動をしています。 喜羽美帆 箏・琴教室は東京で開講。初心者の方から経験ある方まで、レベルや目的にあわせて丁寧に楽しく行っています。2015年1月より荒井美帆から喜羽(よしば)美帆に改名し、活動中です。

●●●詳しいプロフィールは
★★こちらをクリック★★



お琴体験レッスンは
<東京教室>で 随時行っております!

☆ツイッターお気軽にフォローしてください♪
Twitterブログパーツ<br>


@kotomiho
@kotomiho


Miho Arai

★Facebookはこちらから
♪YouTube 動画ページ
 ●「沁臆ーシンオクー」(荒井靖水・喜羽美帆 作曲)
 ●「日蝕」(荒井靖水・喜羽美帆 作曲「春宵」より)
 ●「日蝕2」(荒井靖水・喜羽美帆 作曲「春宵」より)
 ●邦楽トリオ「三つ巴」『鶴亀』(喜羽美帆:二十五絃箏・荒井靖水:薩摩琵琶・今井尋也:小鼓)
 ●『朧と一閃』【前半】喜羽美帆(二十五絃箏)×森澤碧音(モダンダンス)
 ●『朧と一閃』<<後半>> 喜羽美帆(二十五絃箏)×森澤碧音(モダンダンス)
 ●響和堂プロデュース公演「和の煌めきVol.2」より ギター×箏
浜松幽玄舞台「鶴姫」邦楽トリオ「三つ巴」『鶴亀』(喜羽美帆:二十五絃箏・荒井靖水:薩摩琵琶・今井尋也:小鼓・コンテンポラリーダンス:織田きりえ)

●三渓園観月会2012・10・2「沁臆ーシンオクー」(荒井靖水・喜羽美帆 作曲)
 
sakura project 「You Raise Me Up」(箏・十七絃・ヴァイオリン) ●「八木節のテーマにのせて~蒼月歌」(箏・十七絃・ヴィオラ・ヴィブラフォン・パーカッション)
「リベルタンゴ」箏・十七絃・ヴィオラ・ヴィブラフォン・パーカッション)
Drumsそうる透×和太鼓響道宴 実験バトルライブでの二十五絃箏演奏 
>
プロフィール写真黒・画像小


★☆.。.:*・゚★☆.。.:*・゚
うさぎが大好き。
しぐさから毛並みから全部好きですが、
特にうさぎの鼻と口あたりの
もぐもぐむぐむぐしてるのが好き。
うさぎ見てると癒されます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR