FC2ブログ

桜島

2018.11.28.00:14

公演翌日は桜島へ。
鹿児島へは今まで4回ほどご縁があったのですが、
ほとんど観光らしいことはできないままでした。
今回は車を貸していただいて、車でフェリーに乗る初体験。
地元の方お勧めの、フェリー内のかけうどん。
鹿児島港~桜島到着までの15分間でいただくうどん。美味しかったです!
18-11-27-16-18-05-359_deco-1280x1280.jpg

大正の噴火で2メートルも埋没してしまった「黒神埋没鳥居」を見に行きました。
生憎の曇り空でしたが、桜島はどこから見ても噴煙がもくもくと上がっていて、
力強く雄々しい姿が、鹿児島市内からも見えました。
IMG_20181126_085137-1024x768.jpg

薩摩藩藩主別邸の仙厳園へ。
歴代藩主が暮らした御殿も見学してきました。
最近できたという仙厳園スターバックスでも一休み。
思いがけず鹿児島観光することができて
とても良いお休みをいただきました!
18-11-27-16-14-36-633_deco-1280x1280.jpg

またご縁があって鹿児島の街に来られますように♪
お世話になりました皆様、ありがとうございました。

tag : #喜羽美帆

普門館からありがとう~吹奏楽の響きたちへ~

2018.11.13.14:56

中学・高校の全日本吹奏楽コンクールが長きにわたって開かれていた
東京杉並・立正佼成会の普門館。
この’’吹奏楽の聖地’が’来月取り壊しを前に、
「普門館からありがとう~吹奏楽の響きたちへ~」という企画で
普門館の舞台が開放された1週間。
そこに行ってきました。

私自身は現在和楽器を演奏している身で、
幼少から箏に親しんでおりますが、
実は小学校高学年には鼓笛隊でトランペット、
中学と高校では吹奏楽部でホルンを吹いていました。
私はこの普門館に立ったことはないのですが、
その名前は聞いており、そこで熱い戦いが行われていることも知っていたので
取り壊しを前に行ってきました!

18-11-13-14-36-08-796_deco-960x1280.jpg

楽器持ち込み可という素晴らしい企画で
様々な年代の方が楽器を持参し、思い思いに演奏していましたが、
パーカッションのリズムをきっかけに「宝島」という曲が始まり、
各々自分のパートを演奏、セッションしている場面も。
反響版にはメッセージ寄せ書きすることもできました。
私は普門館に来たのは初めてでしたが感動しました。
自分の青春といっても過言ではない吹奏楽部の日々を思い出したことも
ありますが、
みなさん本当に音楽が好きなんだ、という気持ちが伝わってきて、
とても良い時間と空気を感じることができました。
18-11-13-14-39-14-751_deco-1280x1280.jpg


数十年ぶりにトランペット吹いてみたら、
なつかしいマウスピースのじんじんする感じ(笑)
そして、トランペット吹いてる顔があまりにも残念な顔ですが
いつもこんな顔で金管楽器を吹いていたなぁ~、と
懐かしく思いますので、
敢えて晒しますこと、みなさまお許しください(^_^;)
jこんな記事もありました。
「さよなら普門館」
http://news.livedoor.com/article/detail/15580787/
☆さよなら普門館

tag : #喜羽美帆

心にチャージ

2018.11.10.23:21

11月に入り、身辺予想していなかったことも起こり、
日々何かとぱたぱたとしていたのですが、
季節は芸術の秋、
色々な演奏会やダンス公演、美術館などにご縁がありまして
たくさん心のチャージができました。

篠笛奏者の武田朋子さんにお誘いいただき、
フラメンコ大沼由紀舞踊公演「Perenneー悠久ー」
(なかのZEROホール)
18-11-10-22-46-07-565_deco-960x1280.jpg

ホールでフラメンコ公演を観たのは初めてでしたが
フラメンコに関して無知ながらも、
伝えるということ、表現するということ、ということが
感じられて自然に涙が流れ、ため息とともに鑑賞しました。


太鼓奏者の響道宴さん、芹澤多希子さんにチケットを
2年越しでお願いした
名倉ジャズダンススタジオ「CAN'T STOP DANCIN' 2018」
(新国立劇場中劇場)
18-11-10-22-49-40-453_deco-1280x1280.jpg

レジェンド名倉加代子先生、ダンスをしているお姿は
御年78歳とは思えぬ佇まいと美しさ、カッコよさ。
感動とともに、心から楽しいと思えた公演でした。
宝塚時代から好きで観ている湖月わたるさんがスペシャルゲストでしたが
もう一人のゲスト、森公美子さんとともに光り輝いて素敵でした。

前売り券を購入していたのに会期ぎりぎりになってしまった
「京都醍醐寺 真言密教の宇宙」
(サントリー美術館)
18-11-10-23-03-43-455_deco-960x1280.jpg

貴重な仏像を近くで見られることと共に、
儀式の作法を細かく記した
膨大な資料を見ることができたのも発見でした。
鴉がたくさん描かれた、「松檜群鴉図屏風」も斬新で圧巻。
せっかくだからと着物で行った東京ミッドタウン。
和のお店で素敵な美濃焼の食器を購入もできました。

心のチャージをたくさんしたので、また明日から
色々なことにチャレンジしていきたいと思います!

tag : #喜羽美帆

酒蔵通り西条

2018.10.28.23:09

アウトリーチ、ワークショップ&ミニコンサートで
毎日とてもタイトな時間を過ごしておりましたが、番外編。

広島県東広島市西条には酒蔵通りがあり、毎年「酒まつり」が開かれる街。
酒蔵がある街には、素敵なお店も多いということで、
酒蔵通り、加茂鶴酒蔵直営のお店「佛蘭西屋」には
2日間も通ってしまいました!
1日目はお店2階日本料理で美酒鍋を堪能。
おちょこが選べる中で加茂鶴酒蔵の飲み比べ。
18-10-26-00-42-50-912_deco-1920x1920.jpg

2回目は、日本人に合う和フレンチを提供する1階のお店へ。
蔵元が、お酒をつくる「仕込み水」を提供している場所が
数か所あり、お水を試飲することができます。
とても甘くまろやかでおいしく、やはりお水が大事なのですね。
みなさん、ペットボトルなどに汲んで楽しんでいる様子でした。
18-10-28-19-26-05-445_deco-1440x1920.jpg

酒蔵通りすこし裏手にある、児玉チーフプロデューサーお勧めのカフェにも行ってみましたが、
とてもおいしいケーキとコーヒー、そしてゆったりとした素敵な空間で
しばし時間を忘れてゆったり、、、
この日は月が煌々と美しく強い光で、ゆったりした時間が持てたことと
真夜中と明け方にも光る月が、今回の東広島での忘れられない思い出です。
18-10-26-00-45-56-407_deco-1280x960.jpg

最終日には西条駅近くの御建神社、お酒の神様がまつられているそうです。
朝早く、着物を着て参拝したのですが、
木々が紅葉していて、空気が澄んでとっても清々しい気持ちで
ワークショップの成功を祈りつつ参拝しました!
東広島とまたご縁がありますように!

伊勢神宮にて

2018.09.15.23:07

一つ前の記事「川井郁子さん伊勢神宮奉納コンサート」に続きますが、
いつか行きたいと思っていた伊勢神宮、
今回、私は初めて参拝することができました。


コンサート会場でもある神宮会館は、宿泊者対象にした
早朝の内宮参拝を開催しており、
職員さんが約1時間40分のツアー、丁寧に説明してくださいます。
せっかくの機会ですので、申し込みをして
12日の6:30に神宮会館を出発、
朝の清々しい内宮に参拝させていただきました。
18-09-14-15-44-47-390_deco.jpg


コンサート翌日の13日には、
伊勢神宮崇敬会の方がご案内してくださいまして、
川井郁子さんと皆様で、伊勢神宮の内宮と外宮に
正式参拝をさせていただきました。
めったに入ることはできない、皆さんがお参りされているより
一つ奥の、神様に近いところでの正式参拝。
また、内宮神楽殿にての「御神楽の儀」
目の前で雅楽の演奏や倭舞など、神聖な儀式もありまして、
川井郁子さんのおかげで大変貴重な、有難い経験をさせていただきました!
18-09-14-15-14-12-196_deco-1280x1280.jpg

伊勢と言えば赤福。
幼少時から父が出張のお土産で赤福を買ってきてくれていたので、
いつか赤福本店で、縁側で五十鈴川を見ながら、
赤福を食べたいな~と思っていたのですが、
今回その願望を果たせました(^^)/
18-09-15-21-55-40-243_deco-1440x1920.jpg

写真の一番下の木の板は、神宮の式年遷宮の際に
宇治橋も架け替えられましたが、
その貴重な橋の板を伊勢神宮崇敬会の方にいただいたものです。
たくさんの方が神宮に参拝する際にこの橋を渡っていくため、
よく見るとすり減った橋板であることがわかります。
貴重なものをいただきましたので、お稽古場に置き、
事あるごとに伊勢の事を思い出したいと思います。
またお伊勢参りできるように願いつつ。。。

今回は車で東京から伊勢まで楽器を運び、
1人での往復約900キロ強の道のりは
なかなか長旅ではありましたが、
コンサートのみならず、参拝においても
大変貴重な時間を過ごさせていただきました。
お世話になりました皆様に心から感謝いたします。

tag : #喜羽美帆

歌川広重の世界と夕日

2018.09.04.13:45

先日、福井市美術館の展示
「歌川広重の世界~保永堂版東海道五十三次と江戸の四季~」
鑑賞の機会がありました。

初摺と後摺で、浮世絵の内容(人物や背景、摺りの色など)が変わっているものを
どこがどのように変わったのか、作品を並べて
詳しく説明があるのがとても分かりやすく、興味が深まります。
東海道五十三次を日本橋から京まで作品と地図で紹介してあり、
来月の「音綯い」コンサート演奏でお伺いする
桑名・亀山・関宿のあたりなどを
浮世絵とともに想像したり、
今も昔も変わらぬ風景や人々の営みなどを見ながら、
広重作品とともに東海道を旅してきました。
18-09-04-13-20-14-940_deco-960x1280.jpg

第二展示会場は、江戸の春夏秋冬を季節ごとに展示してあり、
展示数も相当で、ボリュームある内容に大満足。
とても良い時間を過ごさせていただきました!

福井県に車で行く途中には、
石川県の徳光SA付近、松任海浜公園で燃えるような夕日に出会いました。
1535885838363-1108x831.jpg

前日までのお天気は大雨、そのあとも台風接近の中、
たまたま見られた夕日は刻々と色を変えてとても美しく、
忘れられない風景でした。
1535885817946-1024x1366.jpg

tag : #喜羽美帆

杜のひびきin おおみや2018 大宮八幡宮

2018.07.26.19:14

7月25日は毎年、杉並区の大宮八幡宮で
「杜のひびきinおおみや」和太鼓の奉納演奏があります。
18-07-26-17-39-43-845_deco-960x1280.jpg

毎回和太鼓の響道宴さん・阿門の皆さんと
様々なジャンルのアーティストがパフォーマンス、奉納をします。
私も過去2回ほどご一緒させていただきましたが、
今年も観客として聴いて、観させていただきました。
18-07-26-17-28-58-107_deco-1280x1280.jpg

18回目の今回は、和太鼓と尺八、ギター、チェロの演奏と
剱伎衆かむゐのみなさま。
とても素晴らしいひと時でした!
演奏家のみなさんにお会いできただけでなく、
今田華子ちゃんやG-Rocketsの塚越志保さんにもお会いできて
嬉しかったです。
今年も直会まで参加させていただきました(^^)
18-07-26-17-26-19-103_deco-1280x1280.jpg


山中信人さん感謝の宴

2018.07.17.09:24

7月16日は津軽三味線奏者山中信人さんの「感謝の宴」へ。
《津軽三味線世界大会A級3連覇》
《芸歴30周年》
《埼玉グローバル賞受賞》
《埼玉親善大使就任》
という素晴らしいこと・おめでたいこと尽くしの信人さんのお祝いの会です。
18-07-17-05-27-19-406_deco-1280x960.jpg

上野精養軒で160人超のみなさんが集まって、
喜びにあふれたあたたかい時間でした。
みなさん信人さんのことが大好きで、
そのお人柄と、魂のこもった津軽三味線の音色に
魅せられた人々ばかり。
私もその中の一人ですが、
信人さんファンの私の父も出席させていただきました。

山中信人さんの演奏の時間もあり、大変豪華でした!
能楽師山井綱雄さんの祝辞、
そして余興では、
響道宴さん和太鼓と喜羽の箏演奏もさせていただきました。
小泉謙一さんの和太鼓と小濱明人さんの尺八
木谷有里さんの津軽あいや節
神田京子さんの講談
山本謙之介さんの津軽音頭
上妻宏光さんの津軽三味線独奏

18-07-17-05-36-25-631_deco-1920x1920.jpg

本当におめでとうございました。
今日から信人さんはブラジルとのこと、まさにグローバルなご活躍!
信人さんとは8月にDUOで演奏をさせていただく予定です。

tag : #喜羽美帆

山種美術館へ

2018.07.12.09:21

先週山種美術館に行ってきました。
特別展『琳派ー俵屋宗達から田中一光へー』は、
前売り券を買って楽しみにしていたのですが、
なかなか行くことができず、結局は会期ぎりぎりになってしまい、
生徒さんのお稽古の合間に行くということに。。。

修復が終わったばかりの伝・俵屋宗達《槙楓図》は撮影OKでした。
18-07-11-00-01-35-506_deco-1280x960.jpg

美術館に行くと、作品から感じられるもの、自分自身が作品から受け取って感じるものとで
感覚が刺激され、心が揺さぶられることが多く、良い時間となっています。
音が無くて、自分のペースで(作品や作家に自身が詳しくないとしても)
静かに向き合うことができるというのが
私にとって最高のリフレッシュであり、
刺激や学びになっていることを実感しています。

18-07-10-23-59-42-668_deco-960x1280.jpg

日本画専門美術館の山種美術館は
「きもの・ゆかた割引」もあり、館内は和装の方も多くいらっしゃいました。
私は演奏時以外は、普段着物を着ませんが、
衣装として着るときには、着物の色指定があったり
出演者の方と相談して決めていくと、
出番がないものや季節が限定されるものも増えてきており、
中にはこの着物はそろそろ(いや、既に)
着られる年齢を過ぎている・・・というのも多々ありまして(笑)
手持ちの着物を、今までよりは積極的に着ていこうかと思っています(^^)
カフェオレ飲んでる写真が、幼少時から変わらない、
無駄に真剣な顔で、変顔度が高くて個人的にツボです(^_^;)

宍道湖の夕日

2018.06.15.13:45

島根県、益田市にはお邪魔したことがあったのですが、
松江は初めてでした。
出雲大社には、一畑電車でしんじ湖温泉駅から出雲大社前駅まで。
行きは木の内装が素敵な電車で、
帰りは新しく、島根のキャラクターしまねっこが乗っている電車でした。
18-06-14-20-52-35-727_deco-1280x1280.jpg

車窓からの景色もおだやかでゆったりとしているし、
松江に着いたときは雨がぱらぱらと降っていたのが
出雲大社に着くころには晴れてきまして、
ずっと行きたいと思っていた出雲大社にようやく参拝できました。
18-06-14-20-54-34-018_deco-960x1280.jpg
鳥居をくぐってからの、清々しい空気が忘れられません。

また、松江藩主松平家の菩提寺「月照寺」と松江城にも行きました。
18-06-14-20-56-50-383_deco-1280x1280.jpg

月照寺は紫陽花が有名とのことで、
私が行ったときは2~3分咲きかな、というところでしたが、
本当にたくさんの紫陽花と、緑豊かなどっしりとした場所でした。
不昧公のお寺、お抹茶もいただいてきました。

宍道湖は多くの水を湛え、光がきらきらと反射して本当に美しい場所だと
思いましたが、夕日が有名と聞いていましたので
宍道湖夕日スポットや、島根県立美術館前できれいな夕日を待ちました。
18-06-14-21-36-10-218_deco-1280x724.jpg

先日の館山の夕日に続き、6月は梅雨だというのに、
ちょうどお天気にも夕日を見るのにも恵まれた月になりました。
18-06-14-21-32-56-687_deco-1440x1920.jpg

島根の方々は、道を聞いてもおすすめの観光地を聞いても
とっても親切にご対応くださいました。
生のしじみもおいしくお土産に持って帰りました(^^)/

インプット

2018.06.01.23:32

今日から6月。ここ数日はいろいろな良い経験をさせていただいて、
心豊かになった日々でした。

その1。先日「代13回仏教井戸端トーク お題法話 仏教用語禁止編part2」という
企画に参加させていただきました。
どういうものかというと・・・
来場者から任意の単語を挙げてもらい、それを用いて即席で法話をするのがお題法話。
今回は、さらに、仏教用語を使わずに法話をするというハードル付きです。
法話をするのは、会場となる浅草緑泉寺住職の青江覚峰師、
蟠龍寺副住職の吉田龍雄師、天真寺副住職の西原龍哉師の3人。
仏教用語の判定をするジャッジ役に、某M師。とのこと。
18-05-31-18-31-10-461_deco-1280x960.jpg

私自身は特にどこの宗教を信じているとかはなく、
親戚の法事の時には佛式の法要に、
お正月には神社に、、、というような信心も足りない人間ですが、
普段使っている言葉が仏教から来ているものがたくさんあることが分かって
とても興味深い2時間でした。
「世界」「学生」「玄関」。。。普通に使っている言葉も実は仏教用語だったのですね。
お客さんからその場で出されたお題を使い、説得力のある法話をする、
笑いもあり納得することもあり、大変良い時間でした。

その2。
門前仲町のリサイクル着物「今昔ながしま」さん。
箏奏者のてみちゃんに連れて行ってもらって、
これもかわいい、こっちも素敵!と
コーディネートや目的を考えつつ、
ヴァイオリンの入山ひとみちゃんと一緒に楽しく選びました。
てみちゃんありがとうございます~♪
18-06-01-23-03-58-643_deco-768x1024.jpg

打ち合わせが諸々終わってから紀尾井ホールにて
「生田流協会奨励会」へ。
松の実會、杉山操智秀さん・白橋操悠さんの「五段砧」。
良い演奏をきかせていただき、本当に勉強になります。
今週はほかにも良い美術作品を観たり、
素敵なvivo ステンドグラスワークスの作品に出会ったり、
感性が刺激されるような1週間でした。

5月の燕子花

2018.05.06.22:02

ゴールデンウィークも今日で終わりですね。
昨日5月5日は私事ながら誕生日でした。
メールやライン、Facebook等々で
たくさんの方からお祝いのメッセージをいただきました。
みなさまのおかげでとても幸せな気持ちで1日を過ごすことができ、
またこの1年も楽しく前向きに進もうという気持ちになりました。
お気持ちを送ってくださいまして、本当にありがとうございます。
ゆっくりになりますが、お返事させていただきます。

昨日は、まず母のお墓に行き、〇歳になりましたよ!と挨拶してきました。
納骨堂のエレベーターには毎回「今日は何の日?」という表示が出るのですが、
こどもの日が1948年に祝日制定されたときに、
「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する日でもある」
と表示されていて、偶然ではありますが、
母のところに行くのに最適な日だな、などと思いつつ
根津美術館へと向かいました。

18-05-06-08-39-54-505_deco-1280x1280.jpg

美術館庭園の燕子花が咲くころに、
尾形光琳の「燕子花図屏風」を見るようになって5年目です。
2013年の5月に、「美帆が好きそうな美術館があるから」と母が誘ってくれて
その年は両親と一緒に燕子花図屏風と、都会のオアシスのような広い庭園、
池に咲くかきつばたを楽しみました。
1525508913093.jpg

それから根津美術館には時期に関係なく、展示やお庭の季節ごとにしばしば通い、
5月の燕子花の頃には尾形光琳の作品をみるのが、恒例行事となってきました。
母がいなくなってからも、毎年時期にこの作品を見ると
その時のことを懐かしく思い出します。

18-05-06-08-42-26-711_deco-1280x1280.jpg

絵画を通して思いを交換しているような気持ちになりますが、
また来年も同じ時期にこの「燕子花図屏風」とお庭のかきつばたを見て
前向きな気持ちになれると良いなと。
そしてまた来年作品を見る日に、健やかな気持ちで対峙できるように
この1年も精進したいと思っております。
みなさま、本当にメッセージありがとうございました。



バラが咲いた

2018.05.02.16:48

先日箏についての取材ということで、演出家・脚本家・俳優でいらっしゃる
中屋敷法仁さんがお見えになりました。
箏については大変詳しくご存じでしたので、
私としてはお話しできるのはそれほど多くはありませんでしたが、
中屋敷さんとお話する中で、
箏と向き合うときに自分は何を考えているのかな・・・とか
演奏時にはどこに向けて発信しているのだろうか…等々。
お話していくうちに、自分自身への問いかけとなり、
とても勉強になりました。
18-04-28-09-02-01-445_deco-579x1023.jpg

もちろん演奏時は、お客様への演奏でもあるのですが、
そもそもの動機が奉納なのか、鎮魂なのか、研鑽なのか、
はたまた興行なのか、
単なる楽しみなのか・・・諸々。
いろいろお話しながらぐるぐると考えまして、自分にとっても良い時間でした。


18-05-02-14-19-22-003_deco-960x1280.jpg

昨年植えたバラ、春になりつぼみも膨らみ、
6種類あるバラのうち、開花の一番乗りはツルアイスバーグでした。
その後、アンジェラ・マダムイサクプレール・ニュードーンも開花して
風に乗ってバラの良い香りがします。
バラの種類はとてもたくさんあって、名前にもそれぞれの由来があり
バラの図鑑を眺めたらすぐに1日経ちそうなほど。
初心者としてはまずは無事に咲いたことを喜び、
香りとバラの個性を愛でております。


序の舞への系譜

2018.04.25.18:19

先日は上野へ。
短い時間でしたが思い切って、東京藝術大学大学美術館
「東西美人画の名作《序の舞》への系譜」に行ってきました。
近くで本物を見て、
インスピレーションを得ることができたらと思いつつ、
修理完了した上村松園『序の舞』を近くで観たかったのです。
18-04-25-16-02-06-214_deco-960x1280.jpg

完成までのスケッチも見ることができましたし、
イヤホンガイドでの竹下景子さんの優しいお声と音楽を聞きながら、
江戸時代から明治、大正、昭和にかけて
華やかな美人画を見てまいりました。
毎回テンションが上がるミュージアムショップでは
「日本の女性風俗史」という、装束などのよい本にも出会えました。
ここのところ変なお天気で気圧も変化しているのか、
毎年この時期に症状が出やすい、メニエールめまいや耳鳴りの予兆がするので
体調に気を遣っているつもりですが、
そんな気分も一新、元気になってくる良い時間でした(^^)

tag : #喜羽美帆

頭の使い方

2018.04.19.20:56

3月、4月中は書類作成、会計ソフトの入力、
ウェブサイトを更新・・・など
パソコンに向かって作業することが多く、
いつも違う頭の部分を使いながら事務作業をする日が続きました。
事務作業や計算・入力作業は嫌いではないのですが、
単純入力ではなくて頭を使いながら、考えながらの
新しいことを生み出したり、派生させていく事自体は久しぶりで
頭を使わないと退化していきそう・・・なので良い機会でした。

18-04-19-12-54-52-925_deco-1280x1280.jpg

そんな最中に、歌舞伎座に行く機会がありまして。
先日は四月大歌舞伎「西郷と勝」「裏表先代萩」を父と一緒に
鑑賞させていただきました。
興味深くてとっても面白く、集中して観ていたら
頭がすっきりして色々なヒントも浮かんできました。
また歌舞伎観に行きたいなぁ~。




大手町打ち合わせ

2018.04.11.17:22

昨日は某打合せで、大手町の貸会議室、コワーキングスペースへ行ってみました。
教えてもらった地図通りに行ってみると、
東京駅・大手町駅出口から徒歩1分のそのビルは、
私が銀行員をしていた時に東京本社があり、毎日通っていたそのビルでした!
18-04-10-16-43-22-203_deco-1024x1024.jpg

東京駅近辺は多くの貸会議室やビルがあるのに
たまたま、偶然の出来事でしたが、
そのビルの雰囲気や建物の持つにおい、みたいなものもあまり変わっていなくて
懐かしく数十年前を思い出した1日でした。

仁和寺みほとけ展へ

2018.03.09.16:01

東京国立博物館平成館で3月11日までの特別展
「仁和寺と御室派のみほとけ―天平と真言密教の名宝―」
会期ギリギリですが行ってきました。
18-03-09-15-59-22-871_deco-1280x1280.jpg

国宝、重文の数々、ということもありますが、
仁和寺の観音堂を再現、
空海が唐から持ち帰った三十帖冊子には、
足下がビリビリするような不思議な感覚。
そして数々おわします秘仏。
美しく力強く慈悲深く。
前から横から後ろから、じっくりと
イヤホンガイドとともに観ることができて
充実の三時間でした。
行きたい公演、展覧会には多少無理してでも
行かなくては!と思った素敵な1日でした。
IMG_20180308_224459_574.jpg

サプライズは突然に

2018.03.04.19:50

先日の出来事。
プライベートでとっても幸せな時間を過ごしました。
中学高校一貫校で私は吹奏楽部だったのですが、
約三年ぶりの同期会。

久しぶりの会合にわくわくして集合場所に行くと、だれもいない。。。
会場に行ったら、お部屋が真っ暗で高3の時の思い出の曲とともに
メンバーが私の顔のお面をかぶって踊っている!(笑)
というとっても楽しいサプライズでお祝いしていただきました♪
18-03-04-17-02-35-097_deco-960x1280.jpg

考えてみたら、吹奏楽部入部で、
はじめましての挨拶をしてから早30年です。
中学一年生から高校三年生で引退するまで、濃い時間を過ごした分、
途中それぞれの仕事や生活を送りながらも、
会えば途端に当時のテンションで、楽しくあっという間に時間が過ぎました。
皆さん時間をかけてサプライズ内容を考えてくださっていて
全く気付かなかった私は、驚きながらもとっても嬉しい1日になりました。
18-03-04-17-07-55-364_deco-1280x1280.jpg

プレゼントにいただいた、大好きなリサラーソン・マヤの陶器作品を見るたびに、
ブラスバンド仲間のこと、
その日の楽しい時間をこれからも一生思い出して、
嬉しい気持ちで日々を過ごせることと思います。
みんなみんなありがとう(^^)♡

圧倒される美しさ

2018.02.15.20:31

先日は、赤坂RED THEATERでの「BLOODY POETRY」を観劇。
イギリスの詩人パーシー・ビッシュ・シェリーとジョージ・バイロン卿を主に、
実際1816年にスイスで出会い怪綺譚を語り合ったという史実から生まれた戯曲
今回日本初演ということなのですが・・・。
IMG_20180214_190107_816.jpg

美しい言葉が散りばめられ、詩人たちが紡ぎだす膨大なセリフのシャワー。
狂気的なものと言葉と表現と・・・。
観劇後に残るのは、圧倒的な美しさが心に、そして皮膚感覚としてあるような、
濃厚な作品でした。
2月18日日曜日まで公演中です!
お誘いいただいたプロデューサーの田窪さんに感謝です。
ふと、三島由紀夫の「近代能楽集」が読みたくなりました。
帰りには演出家さんとプロデューサーさんと飲んでお話しできたのが
なおさら嬉しかったです。
今週は風邪気味ながら、段々良くなってきております。
明日はsakura projectでの演奏に行ってまいります♪

雪の日に

2018.01.23.10:28

昨日は東京でも雪が降って交通機関が乱れました。
しばらくは道路も含めて、通常に戻るには時間がかかりそうです。
家の周りも一面雪景色です。

そんな昨日は父と明治座「コロッケ特別公演」へ。
一緒に行った父も会場のお客様も
心の底から笑って楽しんでいるのが印象的でした。
18-01-23-08-43-16-672_deco-1280x1280.jpg


昨年6月の浅草での舞台『明日の大地』で
ご一緒させていただいた
鹿子かの子さんが出演されていたので
楽屋にお邪魔させていただきました~(^^)/
プロフィール

ことみほ

Author:ことみほ
ご訪問ありがとうございます。
お箏(お琴)&二十五絃箏を弾いています。三味線も弾きます。
1人でも多くの方に、おことの音色を 体験していただきたいと思いライブ等の演奏活動や、 各種イベントの演奏だけではなく、ワークショップ・伝統文化体験教室をはじめとして芝居劇中音楽や 録音・作曲なども含め様々な活動をしています。 喜羽美帆 箏・琴教室は東京で開講。初心者の方から経験ある方まで、レベルや目的にあわせて丁寧に楽しく行っています。2015年1月より荒井美帆から喜羽(よしば)美帆に改名し、活動中です。

●●●詳しいプロフィールは
★★こちらをクリック★★



お琴体験レッスンは
<東京教室>で 随時行っております!

☆ツイッターお気軽にフォローしてください♪
Twitterブログパーツ<br />


@kotomiho
@kotomiho


Miho Arai

★Facebookはこちらから
♪YouTube 動画ページ
 ●「沁臆ーシンオクー」(荒井靖水・喜羽美帆 作曲)
 ●「日蝕」(荒井靖水・喜羽美帆 作曲「春宵」より)
 ●「日蝕2」(荒井靖水・喜羽美帆 作曲「春宵」より)
 ●邦楽トリオ「三つ巴」『鶴亀』(喜羽美帆:二十五絃箏・荒井靖水:薩摩琵琶・今井尋也:小鼓)
 ●『朧と一閃』【前半】喜羽美帆(二十五絃箏)×森澤碧音(モダンダンス)
 ●『朧と一閃』<<後半>> 喜羽美帆(二十五絃箏)×森澤碧音(モダンダンス)
 ●響和堂プロデュース公演「和の煌めきVol.2」より ギター×箏
浜松幽玄舞台「鶴姫」邦楽トリオ「三つ巴」『鶴亀』(喜羽美帆:二十五絃箏・荒井靖水:薩摩琵琶・今井尋也:小鼓・コンテンポラリーダンス:織田きりえ)

●三渓園観月会2012・10・2「沁臆ーシンオクー」(荒井靖水・喜羽美帆 作曲)
 
sakura project 「You Raise Me Up」(箏・十七絃・ヴァイオリン) ●「八木節のテーマにのせて~蒼月歌」(箏・十七絃・ヴィオラ・ヴィブラフォン・パーカッション)
「リベルタンゴ」箏・十七絃・ヴィオラ・ヴィブラフォン・パーカッション)
Drumsそうる透×和太鼓響道宴 実験バトルライブでの二十五絃箏演奏 
>
プロフィール写真黒・画像小


★☆.。.:*・゚★☆.。.:*・゚
うさぎが大好き。
しぐさから毛並みから全部好きですが、
特にうさぎの鼻と口あたりの
もぐもぐむぐむぐしてるのが好き。
うさぎ見てると癒されます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR